Lu.la.vie ☆姫乃

年輪



あなたがこれから 年をとってゆき

身体は老い衰えても

たくさんのモノを見たその眼や
たくさんの音を聴いたその耳や
たくさんの風を感じた頬や

たくさんの人と触れ合ったその手や

たくさんの感情を感じた心は

なんて

なんて

美しいのでしょう。


この世のきれいなもの、醜いもの、楽しい事、辛い事、
全てによって
磨き上げられた その魂は

なんて

愛おしいのでしょう。


そんな年輪を刻んでゆくあなたを

私の生きてゆく光としながら
見守りたいのです。



そこにいてくれて
ありがとう。
by himeno-lavie | 2007-04-11 04:45 | 恋文