Lu.la.vie ☆姫乃


いつか 同じ場所へ 還ろう
by himeno-lavie
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

                しっとり雨です。
                春に向かって芽吹くばかりの植物には
                願ってもない恵みの雨ですね。

                こんな夜はテレビもステレオも消して
                自分に(?)酔いしれましょう。

                とは言っても考えるのはしょーもない事です。
                「この前見たお洋服 買っちゃおうかなぁ・・」
                とか
                「お菓子食べたいなぁ・・」
                とか。

                でも! お風呂の時は違います。
                今は窓のないユニットバスなので無理ですが、
                実家にいた頃は
                雨の音を聴きながらお風呂に入るのが
                大好きでした。
                自分もモヤに包まれて、なんだか
                “暖かい一人ぼっち” てな感じ。
                その時は 人生について などなど
                哲学めいた事を考えます。

                昼間の雨も 濡れなければ好きです。
                私は家の中に閉じこもりがちなので
                それを正当化できる気がして。
                お天気の良い日だと
                なんとなく罪悪感を感じてしまいます。
                暗い・・・。


                一人ぼっちは楽しい☆
                闇夜の雨も楽しい☆
                シュールもアンニュイも楽しい☆
                根暗バンザイ♪



                ・・・・・ヤケクソ?・・・・・



  
     
[PR]
# by himeno-lavie | 2006-03-23 04:34 | 徒然な日常

WBC

                 野球に沸いた一日でしたね☆

                 私は生活時間が合っていたので
                 結構見ました。
                 詳しいルールなどはわかりませんが、
                 熱気や思いが伝わってきて
                 トリノ同様・感動しました。

                 知り合いの男性から
                 「泣きそう・・・」
                 とメールが来たので
                 「今・泣かなくて いつ泣くんだ!」
                 と返しました。

                 やはり感じるのは
                 スポーツにしろ芸術にしろ 人を感動させるのは
                 形ではない・という事。
                 その人が隠れて積み上げてきたものを
                 結晶にして見せてもらった時、
                 魂が震えるのだと思います。
                
                 努力をした人・辛い事を乗り越えた人
                 報われていない気がしても
                 それは 決して決して無駄ではないんだと
                 やっと身にしみてわかってきました。


                 私は 認めてもらいたがり屋 なので、
                 ちょっとの努力でもひけらかしてしまうのですが、
                 そんな事をせずとも
                 伝わるものなのですね。

                 “星の王子様” の
                  「目には見えない大切なモノ」
                 の一つは こんな心の結晶だと 私は思います。

 
                 気づくのが遅すぎるかもしれませんが、
                 少し 生き易くなった気がします。
                 「生きるってこういう事なのね」 と。


                 それが歌に表れればいいなぁ・と思います。
 



  
      

  
[PR]
# by himeno-lavie | 2006-03-22 02:11 | 思想

               向日葵


                  時は ゆるやかに流れ

                  今の事など

                  遠い昔の 記憶になり



                  全てを 忘れそうになった時

                  君が 思い出すものは

                  いつか見た

                  青空



                  飛び散る 水しぶきを かぶる

                  向日葵

                  みんなの 笑い声


                   
                  母さんが君を 呼ぶ声

                  春の日  夏の日

                  君を 見守ってくれていた

                  全て






  


                  
[PR]
# by himeno-lavie | 2006-03-21 00:09 | 歌詞など

難病

                難病と戦う方々をテレビで見ました。
                それは壮絶な毎日で・・・。

                本人はもとよりご家族の苦労も大変なものです。
                世の中にはこうした病(肉体的・精神的)と
                向かい合っておられる方がたくさんいらっしゃいます。
                もちろん生きていく状況が辛い方も。

                そういう事を知る度に
                「自分は恵まれている」 と思い知ります。
                同時に
                「こんな人も頑張っているのだから・・」
                と励みにしたりします。

                私はこう思う事で人を蔑んでいるのではないでしょうか。

                自分を上に見ているのではないでしょうか。

                「自分は まだ ましだ」 と。

                下を見ればきりがない。
                上を見てもきりがない。

                欲しいモノは限りない。
                悩みはつきない。
                時には病人でさえ羨んでしまう。

                人は 他人と比較しなければ
                生きてゆけないのでしょうか。

                自分より弱い者を踏み台にして
                幸せを感じるのでしょうか。

                しかし 病の人は言います。
                「自分が生きている事によって何かの励みに
                 なれば嬉しい」と。


                考えてもしょうがない と思いながら
                頭の中を ぐるぐる 巡るのです。





   
            

     
[PR]
# by himeno-lavie | 2006-03-19 22:25 | 思想

帰宅☆

                  戻ってまいりました~♪
                  東京・あったかい!
                  父親宅のテレビで 「低温注意報」 なるものを見て
                  ビックリしました・・。

                  父はすっかり元気で私は仕事がありませんでした。
                  なので 5日間ゆっくり眠り、散歩をし、ご飯を
                  食べて本を読む・という贅沢をしてまいりました。

                  気がつくと 普段の仕事の事も音楽の事も
                  何も考えず真っ白な自分がいました。

                  そして 「あぁ・疲れてたなぁ」 と。

                  私は看病しに行ったはずなのに、癒され、
                  充電満タンで帰って来ました。
                 
                  お父様 ありがとう。

                  今なら何でも出来る気がします☆

                  本は結局 6冊 読みました。
                  面白いモノもあったのでまた報告します。


              ×××××××××××××××××××××××××××


                 質問

                 「 天国への扉の前で神様に何と言ってもらいたいですか? 」







                私は

                「 よく頑張りました 」
                
                と言われたいのです。

                そう思って考えると、何も頑張っていないのに。
                なんという傲慢!
               
                これがきっかけで目が覚めました。
                フルパワーで生きていきますね。
                (うっかり忘れて怠けませんように・・・)   
      
                そして願わくば

                自分の胸に人を迎え入れ、
                「 おかえりなさい 」
                と言ってあげられるようになりたいのです。



                あなたのように ☆″





  
 
[PR]
# by himeno-lavie | 2006-03-18 00:12 | 徒然な日常

看病?

              明日から一週間ばかり家を空けます。

              単身赴任中の父親の具合が悪くなり、
              付き添っていた母親と交代しに行きます。

              当初の予定では食事はお粥、起き上がる事も
              ままならない父の看病・だったのですが、
              お医者も驚く回復っぷりで、もうほとんど
              元気なようです。

              とても嬉しいし、安心なのですが、
              深刻な顔で、仕事場にお休みを申し出て、
              「いつ帰って来られるか・・・」
              と言っていた私って・・・・。

              身の回りの世話と、あとはひたすらに
              読書!!
              こんな機会めったにありませんから。

              こうして父の所へ行く事になったのも
              きっと何かのお導き。
              ノンビリ・楽しんできます♪


              向こうのパソコンから入り込めれば
              ブログ更新しますが・・・
              機械オンチなのでなんとも・・ね。

              心配なのは我が金魚です。
              元気で生き延びて!☆




  
[PR]
# by himeno-lavie | 2006-03-12 03:58 | 徒然な日常

笑う月

              安部公房の 「 笑う月 」 を読みました。

              表題作(短編集なので)に惹かれて借りたのですが、
              なかなか面白かったです。
              夢の覚書のようなもので、所々ヘンテコリン。
              自分も一緒に夢を見ているような楽しさが
              ありました。

              私も一時期 朝起きてすぐ 夢を
              写し描いていた事がありますが、
              読み返すと面白いです。
              さっぱりツジツマが合わないのに、
              自分だけは納得できるんですよね。

              見る中で一番多いのはエレベーターの夢。
              決まって上りで、降りる階がある時もあれば、
              どんどん上って空まで行く時もあります。

              あとは空を飛ぶ夢。
              夜空の散歩は最高です。
              (私の夢はほとんど夜)

             
              夢の覚書本では「 一人の男が飛行機から
              飛び降りる 」というものもありますが、
              こちらは本当にヘンテコでした。
              
              頭の中を ??? で一杯にしたい時は是非☆☆


  
               
  
 
[PR]
# by himeno-lavie | 2006-03-11 03:43 | 徒然な日常

アップルパイ☆

                  アップルパイを焼きました
                  2度目の挑戦で大成功です!
               
                  これにて 箱一杯にあった林檎も完食!

                  食べて下さった方々、どうもありがとう★

                  さてこれからはベリーケーキ職人にでも
                  なろうかしら♪
                  タルトもいいしムースもいいし・・。
                  でも なんといってもチョコと合わせるのが
                  大好きです。
                  たくさん食べてしまうけど・・・。


                  何かを創作するのはとても癒しになります。

                  私の場合、曲作りは違う位置づけに
                  なってしまいますが、
                  料理やお菓子作り、編み物など
                  出来にこだわらず楽しく集中するのは
                  精神の安定になります。
                  その上人に喜んでもらえたら最高ですね♪
                  

                  以前は気持ちが落ち過ぎて、
                  目がまわるような感覚になったり、
                  また、そういうネガティブな世界を
                  美しく思う事もありました。
                  今でもダークなモノは大好きですが、
                  それは健全な精神の上に成り立つべきだと
                  気がつき始めました。
                  憧れに変換するべきではないと。

                  ・・意味が伝わらないかもしれませんねぇ。

                  ん・ん・つまりは
                  お菓子を食べて楽しく目指そう
                  ☆健全ダーク☆

                  明るく暗く(?)いきましょう!




                  でもやっぱり根は暗いかも・・・・






               

                 
              
   
[PR]
# by himeno-lavie | 2006-03-10 03:38 | お菓子な暮らし

つぼみパンパン★

                今日は本当に暖かくて、桜のつぼみはパンパンでした。

                この時期の桜を見ると思い出す事があります。

                小学校か中学校か・・
                そのくらいの時の国語の教科書に
                こんな事が書かれていました。
                染物をしている方の文章です。

                「きれいなピンク色を染め出すには
                 春の直前、桜の木の皮を使うのが
                 一番良い。
                 花びらでなく木の皮だというのが
                 不思議に思われるかもしれないが、
                 この時期の桜は木そのものが
                 全身でピンクになろうとしているからだ。
                 花びらのピンクはそのカケラにすぎない。」


                 幼心に感動しました。
                 ‘ なんて ロマンチック!’

                 それから毎年のようにこの話を
                 思い出して木を眺めると、
                 やはり
                 冬のくすんだ黒ではなくて、
                 全体が薄ぼんやりとピンクがかっている・・
                 気がします。


                 そんなロマンを抱きつつ、
                 開花間近の桜を愛でてみてはいかがでしょうか♪



   
 
              
               
 
[PR]
# by himeno-lavie | 2006-03-09 03:28 | 徒然な日常

                  ロージー


                    ロージー ロージー 可愛い ロージー

                    ロージー ロージー 私の ロージー
               
                    ロージー ロージー 片目のロージー

                    ロージー ロージー 可愛いロージー




                    落とした片目は  鳥がついばみ

                    残った片目は  うつろな光

                    泣くことすら忘れた ロージー

                    ああ  悲しや

                    哀れな  ロージー




                    カワイソ  カワイソ  カワイイロージー

                    私の大事な  お人形






    


                  

                    
                  
[PR]
# by himeno-lavie | 2006-03-08 05:24 | 歌詞など