Lu.la.vie ☆姫乃


いつか 同じ場所へ 還ろう
by himeno-lavie
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ちび怪獣!



大事なお友達の家に遊びに行った!

かわいくてかわいくてしょーーがない
ちび怪獣が二人!

遊ぶぜ! いや 遊んでもらうぜ!
私はこう見えて子供受けがいいんだぜ!



つもる話もどっさりあったはずだけど、
しみじみ話してる余裕なんてまるでなし。


よくもこれだけエネルギーがあるな と感心する。
4時間くらいいた間中
歌ったり叫んだりじゃれたり はしゃいではしゃいで
ほんとに楽しそう。

でもこれずっと続くんだってよ・・・・。

母親って大変・・・・。



たこ焼きパーティーをして
(チョコ入り 作ったの! 私にはどうにもダメだったけど
 友達家族は気に入っていた・・・・)

トランプして 
(久しぶりすぎて ババ抜きすらちょっと忘れてた)

おやつ食べて

意味のわからないショーを見せてもらって
(ほんとにわからない。でもものすごいハイテンションで
 ゲラゲラ笑ってるから つられて笑っちゃう あはは)

色んなキャラクターの名前を教えてもらって
(戦隊ものやら仮面ライダー ポケモン などなど)


あっという間。


楽しかったー!

その後 別の用事があったので帰らなくちゃいけないのが
とても残念だった。

さすがにちょっと疲れたけど。


幸せな空気の溢れるおうちで
かわいい盛りの怪獣と遊んで(もらって)
癒されましたわん。


また行きたーい♪
[PR]
by himeno-lavie | 2011-08-30 02:12 | 徒然な日常

あぁxもぅ ちくしょう!


何時間録音しなおしても ちっとも出来ない!

今回はドラム類が多いし早いから!

シンバルの細かいパッセージとか
キックのタイミングとか
それに合わせる早いストリングスとか もぅ!

いつか出来る日が来るんだろうか・・・。
調子いいと思っても最後の最後にずれたり。
早いからつなぎようもなくて
結局最初からやりなおし。


曲は出来てるというのに
いっつもいっつも この作業で
膨大な時間を割かれるよ・・・。とほほ。。。

最悪今月中には仕上げないと間に合わないのに。

仕上げてもそれをスタジオで聴いてみて
バランスの直しとかあるのに。


でも世のバンドさんたちは
こういうことを合わせるために日々の練習をしてるんだから
(と 思いたい)
メンバー分 一人で頑張るしかないのだ。



あぁーーーもぅ!あぁもぅ!

やる!
[PR]
by himeno-lavie | 2011-08-27 03:48 | 徒然な日常

今日は中華



横浜に行った。
遊びではなくて
歌唱法というか発声みたいものを教えてくれる
という人がいたので。

安くはない授業料を払って
半分くらいは
「そんなこと知ってるし やってるよ!」
ということで 残りの半分は
役には立ちそうだけどネットでくまなく調べれば載ってそうだよね・・
ということだった。

でも縁あって今日という日に教わったのだから
大事に思おう。
今はぴんときてないけど
そのうち「あの時習ってよかった!」ということになるといいな。



そしてせっかく横浜に来たんだから と
中華街をのぞく。初。
町はまぁ想像していたとおりで ふぅ~んな感じ。

適当なお店を探して
かねてから食べてみたかった「刀削麺」(だったっけ?あれ?)

わたしは うどんとかきしめんとか もちもちしたものが大好きなので
絶対 美味しいにちがいない と思っていた。

おーぃすうぃーーーーい♪
もっちもっちざます!

牛スペアリヴ入り。

あー 横浜来てよかった
(もはや目的が違う)
ただねー四川料理店で唐辛子マーク3つだったので
もっと ひぃ!っていうくらいの辛さを期待してたんだけど
そんなでもなかった。

さすが四川の辛さ!と言いたかったなぁ。


ん。でも満足。

おいしゅうございました♪

2日連続で外食なんて贅沢すぎるなぁ。
[PR]
by himeno-lavie | 2011-08-26 00:29 | 徒然な日常

さっそく!



絶品カレーを食べに!

f0076627_1271968.jpg


いまいち美味しそうに撮れない・・・。

緑色のが大好きな大好きな
「サグチキン」ほうれん草のカレー。
これが食べたかった!

赤いのはエビとマッシュルーム。

奥のはシシカバブとタンドリーのエビ。
タンドリーでエビがあるなんて知らなかった!
そしてナンとサフランライス。


うまっ!うんまーい!
どれを食べても うまっ!

あぁぁーー幸せ。

お店のインド人が「どうですか?」と話しかけてきたので
「いやー美味しいっす!」
と 以前ここで働いていたことを伝えると
俄然 わきあいあいとなる。

オーナーさんは2ヶ月ほど国に帰っているということで
ご挨拶はできず。
コックさんは私が激バトルを交わした奴ではなかった。
まぁ 何年もたってるし。

今は(昔もだけど)暇だから日本人は雇ってないんだって。
残念。
お店の雰囲気は何も変わってなく、
暇なのも一緒だし、
味も美味しいし、

色々思い出しながら幸せな時間。

旨いものって元気のもとだ。

お腹一杯 元気もりもり!
また行こうっと。


おいしゅうございました☆
[PR]
by himeno-lavie | 2011-08-25 01:41 | 徒然な日常

ちょっと言っていいかな (たぶん私信)



カレーのこととか言っといて
急に重苦しくてなんだけど。


「人を信じる」ってそんなに大切なことかね。

つか 信じるって何。



人は 嘘をつくよ
リップサービスもするよ
考えが百八十度変わったりするよ

その時その時の言葉を
未来永劫だと思うのは 勝手だよね。


私自身は絶対お世辞も言わないし
リップサービスもしない。
くだらない会話に入らないし
「時間が合えば飲みたいですねー」
なんて 本気じゃなきゃ言わない。

でも
「ずっと好きだよ」と言いながら 今ではそうじゃない人もいるし
その「好き」を引きずられてはたまったもんじゃない。

「ライヴ行くよ」と言ってもらえて
ずーっと待ってたことはあるけど。

言葉なんて その瞬間のイメージでしかない。



何かを伝えてくれた人に対して
そうであって欲しい と思い続けるのは 自分の勝手な欲であって
違った時にがっかりするのは
押し付けだと思う。


「でも私は人を信じたい」と言うのなら
馬鹿みたいに信じきって 馬鹿をみて
それでも信じて 相手を改心させるドラマを創ればいい。
それもエゴ。


信じたいから 信じたんでしょ。

価値観の違う「他人」を相手に自分が悲しむのは
話が違うと思う。

怒りを顕わにして喧嘩するなら 道理が通るけど。
(これは私の価値感
「ちげーだろ」 と言わなくちゃ伝わらないからな)


「あなたはみんなと違う」と
言われ続け 疎外感を味わい続けた者としては

自分は自分 人は人 
何を信じて 何を感じるかは 自分の責任
だと言いたい。


*ほんとの私信
「人を信じるのはいいこと」 

は?道徳の洗脳みたいなこと言ってんじゃねーよ

信じるっていうのはもっと崇高なもので
裏切られて悲しい なんてのは
ただ「思い込んでたのにだまされた」っていうの。

高い授業料だと思なさいな。

その人は あなたとは 違う。
[PR]
by himeno-lavie | 2011-08-24 04:51 | 思想

カレーのこと



加齢じゃなくってよ。


カレーが大好きだ。
一週間続いてもいい。

カレーライス
辛口 野菜は大きく 肉はチキンが一番
ソーセージもいいな。
ゆで卵 チーズ 
飲み物は牛乳。
スープ系よりはどろりが良い。


カレーうどん
出汁で薄めるのは好きくない。
残り物のどろりんこを絡めたい。


カレーパン
市販の揚げてあるのは あまり・・。
残り物を食パンに挟むのがベスト。



その昔
まかないのカレー食べたさにインド料理屋で働いて
毎回出される夕飯に 毎回感動していた。
(絶品なのだよ それが)
カレーもナンもサフランライスも
多くの店を食べ歩いたというバイト仲間も
「都内で一番!」と言っていた。



そこの(まかないの)食べ方としては
黒くなるまで揚げた唐辛子を手で砕いてご飯にかける。
ご飯ごとスパイシーでなんとも美味しい。

生の玉ねぎを八つ切りくらいにして
それを片手にもち、かぶりつきながらカレーライスを食べる。
玉ねぎ辛くて素敵。

それが インド式なのか、オーナーさん(インド人)の個人的な食べ方なのか
知らないけど。

バイトしてるというよりは
美味しいカレーが食べられて
ついでにお金がもらえる というような幸せな時代だった。

しかし
厨房のインド人と常識が違うというか
そりが合わなくて 
大喧嘩を繰り返したあげくに辞めてしまったのだ。
(いや それはそれで面白かったんだけど
 「インド人こんなこと言いやがってさー」と大笑いしてたから)



でも 本当に本当に美味しいお店で
今でも健在らしいので
近く 行ってみようと思ってる。

バイト募集してないかな。

(ちなみに レトルトは全く受け付けない
 弁当として売られてるものもダメ。
 ルーは一緒なのに上に乗せる具が違うだけのチェーン店もダメ)
好きなだけに審査が厳しいのだ(笑

でも好き順位は2位か3位。うへへ。

 
[PR]
by himeno-lavie | 2011-08-24 02:17 | 徒然な日常

果てしない

もう何百回同じ曲を聴いてるんだ。


と思う曲つくり。果てしない・・・。

ピアノだけの時と違い、
全パート録音しながらなのでほんとに果てしない。

や みんなやってるんだろうけどさ。


私はアナログ人なので
「あーここにもう一小節いれたいなぁ」
と思うと、それを入れて、その後は全部やりなおし。
パソコンみたいに切れ目をいれて差し込む ということが
出来ないからだ。

出来たら早いんだろーなーとは思うけれど、
それを習得するよりもやりなおしの方が
はるかに早い。
そういう操作とか意味わかんないんだもん。

だから特に 前奏をもうちっと長く・・
なんて思ってしまった日には
丸っとやりなおしなので
「なんでそんなこと思いついてしまったのでせう・・・」
と自分で後悔するのだ。
そうして全部やり直したあげく、
「やっぱりもとの方がいいな」とかさ・・・。


わかりましたよ やりゃーいーんでしょ やりゃー
と やけくそになる。


でも こういうやり直しの嵐は
他人とやる場合、よっぽど志が一緒でないと難しいので
細かくしつこく好きなだけ出来るというのは
一人の醍醐味でもある。


次のライヴに間に合えばいいけど。


どんな曲か そこらへんの音楽雑誌にありがちな言葉でいうと

「Lu.la.vieには珍しく ノリのいい ロックチューンなナンバー
姫乃の趣味が全面に出た一曲 チェケラ!」

あはは



*コメント欄を開放してみました。
返信はしませんが 書きたい方はどうぞ。
[PR]
by himeno-lavie | 2011-08-22 01:02 | 徒然な日常

もりもり元気!



キャンプから帰ってきてから
もー元気すぎる。


一緒に行った人は
「自分を楽しむ」ことにかけて天才的で
そりゃ 日々 悩むこともあるし
怒れることもあるけど
それもこれもひっくるめて
「おもろいなぁ」と考えられる人。

その影響はものすごく大きくて
起こる事が同じならおもろがったほうが得だよな
ということに今更ながら気が付いた。
そして そうしている方が物事がうまくいく と。


酒飲み友達とそんなことを話しながら
朝までビールをかっくらい
ゲラゲラ笑い
仕事に行ったら 嫌なことを逆にネタにして笑い
モリモリ食べ がっつり眠る。

あー 楽しい。



これは格言だと思った言葉

「おもろない事なんかしてもしゃーないやろ。
 クソだと思うことはほっとけばえーんや」

ブラボー
[PR]
by himeno-lavie | 2011-08-18 01:38 | 徒然な日常

ただいま!



放浪キャンプから帰ってきたよ!

もーーーー想像を絶するくらい楽しかった!!

なんでこんなに面白いことが次々モリモリ起こるんだろうってくらい。

「ぎゃー」と思うようなハプニングも
すぐ「あれでよかったね!」ということに。

あんなにゲラゲラ笑い続けるのも久しぶりだったなぁ。

3泊4日、その日いかに涼しくて素敵なところで
ビールを飲むか ということをゴールに
毎晩豪快に飲んだ。

ご飯も美味しく 温泉は月見露天、花火もしたし
ほんとに夢みたいな日々。

最後の夜に
「あー明日は灼熱の下界に帰るのか~」と言ったら
「こんな素晴らしい夜にわざわざそんなこと考えるな!」
と叱られて そのとおり!
その時を楽しむことに熱中した。

飲みながら色々話をして
ちょっと悩んでいたことも
解消に向かっているし、
忘れたいなぁ と思っていたことは
すっかり過去のことになった。


行ってよかったー。
楽しさランキングをつけたら
人生最高かもしれない。


さ 明日から自分の人生、
もっともっと楽しむぞ!




f0076627_0164397.jpg

滝!

f0076627_0175482.jpg

素敵小川!

f0076627_019313.jpg

昼寝高原
[PR]
by himeno-lavie | 2011-08-14 00:19 | 徒然な日常

痛み


変化の前には
大なり小なり痛みを伴う。

その痛みを癒すべく (いや 自分のせいなんだけど)
放浪キャンプへ!


時間の枠に囚われることなく
日がな一日 
空の色を眺め、雲の流れを眺め
月明かりを浴び

頭と心をまっさらにしてくる。

泣きたくなったら泣いて
叫びたくなったら叫んで


「大切」と言う名の執着を手放そう。


後悔やら反省やら混乱やら(ライヴのことだけではなく)


このタイミングでこのキャンプがあることに感謝。
運命かしら。


行って来ます。

そして

少しの間  さよなら。
[PR]
by himeno-lavie | 2011-08-09 02:39 | 思想