Lu.la.vie ☆姫乃


いつか 同じ場所へ 還ろう
by himeno-lavie
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

不思議感覚の日



なんだか不思議な感覚の日。


昼間から空気の色がどこか違って
すごくはっきりしているのに少し褪せている

「遠い日みたいだ」 ぽつりと口をついて出る言葉。

過去の景色に自分だけぽんと飛び込んでしまったような


本当に わたし 今 生きてる?

すごく不安になった。


全部が夢で
目覚めたら想像も出来ない世界にいるのかもしれない。

なんて。



そしてそんなことはすっかり忘れて
夜にまた空を見上げる。


なんか 変。

雲の加減かしら?
と思ったが どこを見てもなんか変。

奥行き・・というの?
空に奥行き なんておかしいけど

地上と空とでは 次元が違うみたい。


不思議だな。



まぁ そんなことを感じたところで
何があるという予言になるわけではなし
なんか変だな と思うだけなんだけど。


でも自分は何か変わるような気がする。


自分が変われば世界も変わる。


違う世界、パラレルワールドを垣間見たのかもね。
[PR]
by himeno-lavie | 2011-01-31 00:55 | 徒然な日常

お誕生日



もう何度目かは数えたくない誕生日だ。


ミクシィのメッセージやらメールやら
皆さんありがとう。


誕生日だから というわけではないんだけれど
色々考えていたらなんだか切なくなってきて
泣きたくなった。

でも泣いたところで何の解決にもならないので
たくさん考えるしかない。
日常の雑事にまぎれないように
きちんと時間をとるべきだな。



そして昨日は私の魔法使いさんに
メッセージをいただいた。
それはやっぱり私に向けて言ったわけではなく、
その人の思いとして話していただけなんだけれど
これからの私の大事なテーマのようなものを
ずばりと指摘されているようだった。


いつかその人に
「あなたのおかげでこんなに変われたんですよ」
と言えるように頑張りたい。




こんな風に良くも悪くも色々思ったり感じられたりするのは
この世界に生きているからであって
ありがたい。


お父さんお母さん 生んでくれてありがとう。


そして関わってくれている人たちも
本当にありがとう。
[PR]
by himeno-lavie | 2011-01-25 00:21 | 徒然な日常

1月23日


WHEEL OF DOOM
吉祥寺クレッシェンド 


いやいやいやいやいやーーーーーー
全くもって素っ晴らしいライヴ!

こんなすごいの半年ぶりくらいかしら?
何もかも文句なし。
演奏はがっしりかつ丁寧。
リズムもグルーブ感も素晴らしく
そしてヴォーカルは本当に圧倒的。
あの人の良さが最大限に出ていたのではないか。

終わった後はハイタッチだった(笑
「前回ダメだったから 今日はうならせてやりたかった」だと。
うなるどころじゃねーですぜ。
口きいてもらってていいんですかね てレベル。
すごい ほんとにすごいよ。



今日は珍しく一曲目から良くて
ずっときゃーきゃー言っていたのだけれど
どんどん世界は深くなって
最後は少し神がかりつつあって
あと2 3 曲あったら あの鹿児島ライヴを越えるかもしれなかった。


口開きっぱなし
手握りっぱなし

青空の下 広い大地をびゅうーーっと飛んでいるような演奏。
広くてあったかくて強くて
泣きそうになってしまった。

ラストなんて正直ちょっとぞっとしたもん。
「君臨」してる感じで。
かっこよすぎる威圧?


こんな日は本当に出会えてよかったと思うし
この演奏を聴くために生きててよかったと思う。
そして生まれてきて良かった。

という誕生日前夜。
最高のプレゼントをいただきました。
メンバーさん ありがとう!


あー もう ほんとに大好き!!
[PR]
by himeno-lavie | 2011-01-24 02:18 | 愛すべきバンド

1月10日



新宿アンチノック


今年初のWHEEL OF DOOM

正月明けのライヴってよかったためしがない。
なのでこの日はあまり期待していなかった。

そして案の定だった。

なんだろ 演奏としては別に悪くないのに
聴いていてぼーっとしてしまった。

ものすごく叫んでいるようなのに
ヴォーカルはあまり聴こえず。
でもこれはPAのせいらしかった。
残念。

終了後、メンバーさんたちと新年のご挨拶。
ビールをおごってもらいつつ楽しいお話。
なんだかやっと みんなと一緒にいても緊張しなくなってきた。


そしてライヴ自体は続いていたので別のバンドを見てみる。
聞き覚えのあるバンドで
「あー前にWHEELと対バンしてた人たちだ!」
その時は悪いけど 「けっ」と思っていたのに、
けっこうかっこよかった。
やっぱり時によって違うんだなぁ。

てゆか 前もだったけど
ベースがおそろしく上手くて尋常ではないかっこよさだ。





さぁ 今年はライヴたくさんやってくれるといいな。
そして再び皆勤賞を狙うのだ!
[PR]
by himeno-lavie | 2011-01-12 00:54 | 愛すべきバンド

明けてます



もう一週間も経ってしまいましたが。
今年もよろしくお願いいたします。


新年にあたって色々思うことはありますが
とりあえず音楽一色の年にしとうございます。

他の事に思い煩う暇なんてない。
悩んでる暇もないし
色恋に浸ってる暇もないし
仕事もお洒落もどーでもいい。


お酒飲む暇はあるんだけど。


とにかく やっとシルエットだけ出来た曲たちを
どう成長させて世に生み出すか だけ。

夢中になれることがあるって幸せだ。


**

年末に親友と飲んでいて
「今年一番感動したこと うれしかったこと」
というテーマになって
私は迷わずWHEELさんの九州ライヴを挙げ、
あとは秋の一人合宿がいかに幸せであったかを熱弁した。

そしてトイレに行って
前回「死ぬほど嬉しかった!!」と述べた出来事を
すっかり忘れていることにショックを受けた。
そんなもんだ・・・。


**

そして今日は今年初のコンサート。
「天平楽府と声明」
1300年前の楽器の復元と声明のコンサート。
素敵だった。

琵琶の独創がとても良かった。
音階なんか3つか4つくらいしかなくて
初めは 退屈・・?と思ったけれど、
ゆっくり聴いているとなんだか
波打ち際で海を眺めているような気分になってきて
うっとりうっとり いつまでも聴いていたかった。


声明は初めて生で聴いて
脳みそがしびれた。
あれ 危ない。トリップしちゃう。


ただ やっぱり客のマナーの悪さに辟易した。
演奏中 いくらコソコソ声でも聞こえるんだよ。
動いて物音たてたり 咳したり。
曲の最中に席立ったりするのは本当に最低だ。
許されるのなら胸ぐらつかんでやりたかった。

これを読んでいて 静かなクラシックのコンサートに行かれる方は
注意しましょう。
演奏中は声を出さない。
動かない。
咳は限界まで我慢する。
迷惑だ。



***

とまぁ 今年もライヴやコンサートのレポ
自分の音楽状況についてしか書けそうにもありませんが
楽しいことしかせずに一年過ごしたいと思います。


エンジョーイ!
[PR]
by himeno-lavie | 2011-01-08 00:58 | 徒然な日常