Lu.la.vie ☆姫乃


いつか 同じ場所へ 還ろう
by himeno-lavie
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

しゅーん




歌のレッスン、新しい教本が面白くて
2週間みっちり練習して
自分でもいい感じなんじゃないかしら♪
これは久しぶりに褒めてもらえるかもー

なんて思って行ったのに
やっぱり先生の前だと緊張するし
なんだか思ったふうにいかなくて
注意点を指摘されただけだった。

しゅーん・・・・。


でも焦っちゃだめだ。

良くなってることは確かなんだから
ゆっくりゆっくり。
[PR]
by himeno-lavie | 2010-03-26 00:15 | 徒然な日常

うっとり




大好きドラマー植村さん率いるバンド
MUMUライヴ。

相変わらず素敵・・・・・・・・・・・・。


今日はドラムの目の前席を確保。
いつもはシンバルなどでよく見えないスネアがばっちり!

スネア叩くところをがっつり見れるなんて初めて。
美しーーーい。
手首柔らかーい。


ワンマンだったので曲も多く、
大好きな2バスもたくさん聴けた。

あーーーこの人の2バスは
なんでこんなに美しいんだろうか・・・・・・。
うっとり。。。。
粒が揃っていて輪郭がしっかりして
迫力はあるのに押し付けがましくない。


たぶん私 植村さんの個人練習、
丸一日見ていても飽きないと思う。
てゆーか見たい。



そして今日でキーボード坂元さんが卒業。
これから坂元さんのいないMUMUになる
と思うとなんだか不思議。
どんな音になるんだろう。

そして少し寂しい。

バンドの中で唯一安心してお話させてもらえる人だったのに。
お会いする機会も減るなぁ。



新しいキーボードの方は
「若いイケメンなので女性の方はお楽しみに!」だそうだ。


植村さんより素敵?

なわけないか(笑
[PR]
by himeno-lavie | 2010-03-22 01:14 | 愛すべきバンド

人生初



オペラ鑑賞。

よかった!!!!
オペラ素敵!

ずっと行ってみたいとは思っていたものの、
演目は何がいいとか
誰がいいとか
色々考えていて結局行ってなかった。


今回は新聞で見て
全然知らない演目なのに無性に行きたくなって
すぐ次の週だったのに偶然休みも取れて
好きな席も取れて
「何かに導かれているようだ・・・・」と思っていた。

ら、案の定素晴らしかった。

モーツァルト「コジ・ファン・トゥッテ」
オケの指揮者がとても好みな音を作っていた。

細かく何がどうとか言い出したらきりがないけれど、
んーーーー
人生における音楽のありかた というのかな
今の自分にとってものすごく大切な事を感じられた。

それは演目の内容とは関係なく。

たぶん このタイミングであのオペラを見る
というのが必然だった。

また一つピースがかちっとハマった感じ。





オペラいいね!
でも見るところがたくさんありすぎて大変。
オケみて指揮者見て字幕見てもちろん舞台も見て。
違うところに魅了されてる間に
お客さんみんなが笑ったりしてて
「何があったのーーーー!??」とあわあわすることも。


また行きたいな。
[PR]
by himeno-lavie | 2010-03-18 01:37 | 徒然な日常

練習



発声はずっと習っているのだけれど、

新しい音を作るために是非とも
もっともっとしっかりした技術が必要なので

ピアノそっちのけで発声練習。

「好きな感じの声」

「正しく発声した声」
とは違うので難しい。


しっかり身につければ声質など
いくらでも作れるので
まずは正しさを。


声帯とか腹筋とか
自分の身体が少しずつ変わっていくのがとても面白い。


音域、上が少し上がった。
[PR]
by himeno-lavie | 2010-03-15 17:42 | 徒然な日常

鈴鹿にて



前の日記を見て
「雪が積もったのなんていつのことだろうか・・・」
と思ってしまった。


日々色々思うことや考えることが多くて
発信する気にも書く気にもならないけれど
元気で幸せです。


先日27日は大好きバンド
Wheel of doom を聴きに
鈴鹿まで行ってきました。

遠い・・・・。

でも久しぶりに愛する音楽に触れることが出来て幸せ。

東京から行くのは内緒だったので
メンバーさんはたいそうびっくりして喜んでくれて
嬉しかった。


ハコ的になのかPAさんのセンスなのか
あまりWheel向きの音でなかったのが残念。

演奏には・・・ムラがあったけれど
良い部分は素晴らしかったし、
色々病み上がりの人もいたようなので
しょうがない。

後できいて
「それでもあれだけの演奏が出来るなんて!」
とびっくり。

行ってよかった。


たくさんお話させていただいて幸せでした。
[PR]
by himeno-lavie | 2010-03-01 04:43 | 愛すべきバンド