Lu.la.vie ☆姫乃


いつか 同じ場所へ 還ろう
by himeno-lavie
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:思想( 127 )

「 なんのために弾いてるんですかね・・ 」



「のだめカンタービレ」でのセリフです。


私も前々からずーーっと思っていました。




ただ好きだから。

自分を表現したいから。


それはそうだけど・・・

でもなんか・・・ピンとこない・・・

って。




ただ好きなだけなら人前でやる必要はない。

表現したいだけならマスターベーションだって。



今回ドラマを見ながら ふと

あぁそうか!と

納得のいく考えが出ました。





「喜びを増幅させるため」




自分が好きだと思うことをする

それを気に入ってくれる人がいたり喜んでもらえたりする

喜んでもらえて嬉しい♪

また頑張る




ここで大事なのは

気に入ってもらいたいがために楽しくないことをすると

ストップするということ。




もちろん ただ好きで楽しいからやるというのも

素晴らしい事と思います。


でもこういう自問が沸いてくるというのは

そこから一歩踏み出たいからであって。



天才肌の芸術家なら

もっと違う考えでしょうけれど



特技や「これが好きだ!と思える」という才能を

伸ばしたり人のために使いたいと思った時、


私はこんな精神論に至りました。





自分が楽しいと思えることで

人に喜んでもらえる。

嬉しい楽しいをキャッチボールしていくうちに

どんどん大きくなってゆく。




私はそれを感じたくて

弾いて歌っているんじゃないかな。
[PR]
by himeno-lavie | 2008-01-09 03:18 | 思想

心に灯を





私には寒さをしのげる家がある




生活できる仕事がある




働ける身体がある






笑う事ができる




悲しむ事もできる




音を奏でる事ができる




聴いてくれる人がいる






満月を見上げ 
美しいと思うことができる






大切な人たちがいる







今宵
サンタクロースの素敵な贈り物に

あらん限りのの感謝を





私に命を 
ありがとう






全ての人に

心からの愛を





 Merry X'mas



 姫乃
[PR]
by himeno-lavie | 2007-12-25 02:49 | 思想

心の声




毒を吐きたいイライラが
募っていたこのごろ。


どうしてこうも 毒づいているのかしら・・・

癒しが足りない?


「 足りないものは 与えれば帰ってくるよ 」


癒しを与えるの?


「 そう 他の人を癒すの 」


癒すって・・・どうすればいいの?


「 愛情を注ぐの 」


あぁ それならちょっとわかる
[PR]
by himeno-lavie | 2007-12-03 05:14 | 思想

表裏一体 プラマイゼロ






ふと思った。




人生には良い事、悪い事、同じだけあって

みんな平等にプラマイゼロ。



というのはある意味違うんではないか。



物事には良い面悪い面の両方が表裏一体で存在し、

そのどちらを見るかはその人次第。



人それぞれ受け止め方は違うし、

その当時 最悪だと思っても

長い目でみたら「それでよかった」と思えることも多い。






過去の嫌な出来事は

考え方や生かし方で良い事に変わる。

過去の意味合いは変えられる。




今起こっていることも、これからの未来も。


そうした場合、

プラマイゼロどころか プラスプラスの人生だって

可能だと思うのだ。





そんな能天気な事言ってられない・

どう考えたってこれは辛いとしか言いようがない。



そんな出来事だって起こる。


その時は人に話し、人に甘え、頼ればいい。

痛みを知っている人は共感し、

希望をくれるかもしれない。

そしてそれが役に立ったことで

「あぁ 経験していて良かった」と思えるかもしれない。





痛みを知らない人は

「そんな事があるんだ・・」と

話による経験で想像力をつけることが出来る。

そしてそれは必ず役に立つ。





ただ

逆もありうることで

はたから見ればそこそこの人生なのに

「あぁ・・・悪い事ばっかり」

とマイナスマイナスに成ることも。






目の前の出来事に振り回されてはいけないのだ。




その側面を冷静に分析し、

どちらを選ぶか自分で決めないと。
[PR]
by himeno-lavie | 2007-11-13 14:06 | 思想

幸福餓鬼





「ホシイ ホシイ 幸福ホシイ」


餓鬼のように手を伸ばし


人の分まで奪って貪り喰らう





喰っても喰っても腹は膨れず







わからぬか


お前のその腹には穴が空いておるのだ

いくら喰っても満たされはしない






ここに幸福とあらば

眼はギラギラとし



それ小さきとあらば

我先にと他を突き飛ばし



幸福あらずとならば

口からよだれを垂らし

空虚を見つめる








わからぬか

幸福とは自ら創るもの




与えられるものではないのだ





ホシイホシイと

飢えた手を伸ばし




ホレ と投げられるのは ドロだんご




お前はそれを喰っては喰っては

痩せ細ってゆくのだ






その眼だけを

ランランとさせながら
[PR]
by himeno-lavie | 2007-11-11 02:59 | 思想




それまでなくてもなんともなかったのに

一度手にしてしまったら

ないと気がすまなくて

寂しくなって

悲しくなって


どうして今手元にないのだろうと
不安になって



こんな欲はくだらないと
わかっているのに



ぞればっかり握り締めていたら
他には何もつかめないのに



そんな事をぐるぐる考える自分に


少し疲れました。
[PR]
by himeno-lavie | 2007-11-10 03:52 | 思想

思えば





この季節は要注意だったかもしれない。



突然不安定になったりする。



前にオカシクなりかけたのもこのくらいの時期だ。





何の理由もないのに

全てが嫌になり

逃げ出したくなり

泣きたくなり

どうでもいいや なんて思ったりする。





今は

「この気持ち、知ってる。
   こんな時もあるよ」

とやり過ごすことができそうだけれど



やっぱり気持ちのいいものではない。





こんなに恵まれていて

なんの不安も不満もないのに

どこから沸いてくるのかな。





要注意とは言っても

理由もわからないのに

注意しようがないよね。




早く過ぎ去ってくれないかな。
[PR]
by himeno-lavie | 2007-11-08 06:40 | 思想

ヘタレ





たとえば電車で席を譲る人


「いえ 結構です」
と言われたりしたら


その後 また譲る事をためらったりするのだろうか。



そもそもそれは当然の行為と思っているから
勇気など必要としないのだろうか。







私は意気地なしでした。


「今度こういう状況があったら絶対こうしよう」
と決めていた事があって、
まさにそんな時・チャンスが来たのに


勇気が出ずに出来ませんでした。



一度家に帰り、
「やっぱり やってみたほうがいいよ!」と
再度出かけまでしたのに


色んな理由をつけて
帰ってきてしまいました。




自分のヘタレっぷりに涙が出そう。





人が見ているところで
偽善的かもしれない行為をするのは
どうしてこんなに恥ずかしいのかな。




自分では「良い行いだ」と思っていても、
余計なお世話かもしれないし、
「いい人」と思われたいだけなのかもしれないし、
自己満足に浸りたいだけなのかもしれない。



そんな事が頭をぐるぐる回って
それはとにかくやってみなけりゃわからないじゃん と
わかっているのに
勇気が出ませんでした。。。



って何の事か意味不明ですよね。


成功したら報告するかもしれません。




その時は心優しき誰か、
褒めてください。




勇気がほしいよう。
[PR]
by himeno-lavie | 2007-10-30 00:11 | 思想

きみに幸あれ





辛い思いをしている人

一生懸命な人

何かと戦っている人

途方に暮れている人

幸せな人

自分はダメだと思っている人


大好きな人

嫌いな人


敬愛する人

会った事のある人


まだ会っていない人


巡り合っていない人


これから出会う人

ずっと出会わない人



私の言葉は届かないかもしれない

何の役にも立たないかもしれない


見つめる事しか
「辛いね」と相槌を打つしか
出来ないかもしれない


綺麗ごとを並べているのかもしれない





でも

祈らずにはいられないのです。


「きみに幸あれ」



幸福の花束を胸に

今夜はそんな気分です。
[PR]
by himeno-lavie | 2007-09-24 06:03 | 思想

祈りの音楽




生活に根ざした祈りの音楽が好きです。

図書館で借りた
「ゴシック期の音楽」というものを聴いています。

グレゴリオ聖歌みたい。


アフリカの生活歌もそうだけれど、
リズムがあるようでないような、
小節割りなんてないであろうもの。

変拍子も超えた、口から口へと伝承される音楽。
素晴らしいです。


お経も好きです。
住職であった祖父のお葬式、
全国からお坊さんが集まり、色とりどりの袈裟を着て、
大合唱でした。

お葬式って美しい・・・
そう思いました。



現代の音楽が人の思いや景色を表すものだとしたら、
古楽や祈りの音楽は
天界から降りてきたものではないかな。
[PR]
by himeno-lavie | 2007-09-22 00:58 | 思想