Lu.la.vie ☆姫乃


いつか 同じ場所へ 還ろう
by himeno-lavie
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:思想( 127 )

我城


                  鉄壁の守りを誇る 我が城に
                  一人 閉じこもり
                  頑丈な鍵をかけ
                  嵐が過ぎ去るのを待つ

                 
                  誰の姿も見えず
                  誰の声も聞こえず
                  暗闇の中
                  いつともわからぬ嵐の終わりを
                  ただ じっと 待ち続ける


                  攻撃は最大の防御であるし
                  防御は最大の攻撃になり得る

                  篭城という防御が
                  意図せずして牙をむく


                  嵐に立ち向かう勇気はなく
                  嵐を止める呪文を知らず

                  ただ じっと
                  全て
                  見て見ぬふりをするしかないのだ

               
                  そうしている間に
                  城はどんどん小さくなり
                  
                  やがて
       
                  押し潰されるか
                  それとも
                  自身が城となってしまうか

                  ・
                  ・
                  ・
                  ・
                  外は本当に嵐か?





   
    
[PR]
by himeno-lavie | 2006-04-01 04:46 | 思想

バイオリズム

                   自分で気分にムラがあるな・
                   とは思っていましたが、
                   ブログを読み返してみると
                   顕著に表れています。

                   昨日あたりから少しピリピリし始めて
                   周りに当たらないように必死です。

                   妙に攻撃的というか・・・。

                   悲観的な時に あまり落ちすぎないような
                   訓練は少しずつしていますが、
                   攻撃性はまだ手にあまります。

                   周りのみなさん ゴメンナサイ。

                   ブログが続いているおかげで
                   リズムがわかりそうなので、
                   それが何と関係しているのか
                   分析したいと思っています。

                   月の満ち欠けなのか、
                   女性という性的なモノなのか。
                   周期があるのなら対応しやすいですもんね。

                   でもね、
                   これでも大分ましになってきたと思います・・。
                   昔は年中不機嫌でしたから。
                   恥ずかしいかぎりです。

                   そして、関係あるかわかりませんが。

                   「あまり不機嫌な顔を見せない、
                   微笑の似合う人」

                   になりたいな・と
                   理想を持つのですが、
                   魅力を感じるのは

                   「感情のわかりやすい、しかもちょっと
                   トゲのある毒々しい人」

                   なのです。
     
                   これって矛盾?



                    
[PR]
by himeno-lavie | 2006-03-31 04:07 | 思想

ボランティア 2

                 月1 ボランティアの食事会でした。

                 みなさん私の事にもすっかり慣れて、
                 「あら 久しぶり~」
                 と挨拶して下さいます。

                 私も緊張するような事はなくなりました。
                 が、やはり難しい・・。

                 分担してお料理をするのですが、
                 一人でテキパキやってはいけないし、
                 気の向かない事をやってもらってもいけない。
                 ( いけなくはないのでしょうが・・)

                 学校や仕事とは違い、
                 結果や効率を求めるわけではない。
                 あくまでも 「楽しく」

                 私はどちらかと言うと
                 合理的・効率的を好むので
                 経過重視というのは新鮮です。

                 言葉は失礼かもしれませんが、
                 保母さんぽい・・かも。

                 そして尊敬すべきは職員さんです。

                 とても普通に接しているかと思いきや、
                 気を付けて見ていると、やはり細かく
                 心を配っていらっしゃいます。

                 それなりの勉強もしているのでしょうが、
                 なかなか出来るものではありません。

                 責任者の女性は
                 内側からあふれ出る清潔感で
                 いつ見ても美しい方です。
                 憧れの女性です。

                 私は何かの役に立っているのか
                 相変わらず不安になりますが、
                 皆さんの
                 「 また来てね~♪ 」
                 に救われて
                 「 また来ま~す♪♪ 」


                 とっても楽しい食事会でした☆

                 ちなみに今日の差し入れは
                  パイナップルケーキ
   
                 まずまずの出来でございました。


     
[PR]
by himeno-lavie | 2006-03-29 01:04 | 思想

WBC

                 野球に沸いた一日でしたね☆

                 私は生活時間が合っていたので
                 結構見ました。
                 詳しいルールなどはわかりませんが、
                 熱気や思いが伝わってきて
                 トリノ同様・感動しました。

                 知り合いの男性から
                 「泣きそう・・・」
                 とメールが来たので
                 「今・泣かなくて いつ泣くんだ!」
                 と返しました。

                 やはり感じるのは
                 スポーツにしろ芸術にしろ 人を感動させるのは
                 形ではない・という事。
                 その人が隠れて積み上げてきたものを
                 結晶にして見せてもらった時、
                 魂が震えるのだと思います。
                
                 努力をした人・辛い事を乗り越えた人
                 報われていない気がしても
                 それは 決して決して無駄ではないんだと
                 やっと身にしみてわかってきました。


                 私は 認めてもらいたがり屋 なので、
                 ちょっとの努力でもひけらかしてしまうのですが、
                 そんな事をせずとも
                 伝わるものなのですね。

                 “星の王子様” の
                  「目には見えない大切なモノ」
                 の一つは こんな心の結晶だと 私は思います。

 
                 気づくのが遅すぎるかもしれませんが、
                 少し 生き易くなった気がします。
                 「生きるってこういう事なのね」 と。


                 それが歌に表れればいいなぁ・と思います。
 



  
      

  
[PR]
by himeno-lavie | 2006-03-22 02:11 | 思想

難病

                難病と戦う方々をテレビで見ました。
                それは壮絶な毎日で・・・。

                本人はもとよりご家族の苦労も大変なものです。
                世の中にはこうした病(肉体的・精神的)と
                向かい合っておられる方がたくさんいらっしゃいます。
                もちろん生きていく状況が辛い方も。

                そういう事を知る度に
                「自分は恵まれている」 と思い知ります。
                同時に
                「こんな人も頑張っているのだから・・」
                と励みにしたりします。

                私はこう思う事で人を蔑んでいるのではないでしょうか。

                自分を上に見ているのではないでしょうか。

                「自分は まだ ましだ」 と。

                下を見ればきりがない。
                上を見てもきりがない。

                欲しいモノは限りない。
                悩みはつきない。
                時には病人でさえ羨んでしまう。

                人は 他人と比較しなければ
                生きてゆけないのでしょうか。

                自分より弱い者を踏み台にして
                幸せを感じるのでしょうか。

                しかし 病の人は言います。
                「自分が生きている事によって何かの励みに
                 なれば嬉しい」と。


                考えてもしょうがない と思いながら
                頭の中を ぐるぐる 巡るのです。





   
            

     
[PR]
by himeno-lavie | 2006-03-19 22:25 | 思想

ボランティア

                 月に一度、ボランティアに行っています。
                 
                 精神障害の方が、ある程度病気を克服して
                 自立をするための準備期間、グループホームで
                 生活します。
                 そこで夕食会というものを催して、私のような
                 一般人(?)とふれ合うのです。
                 買出しから料理・片付けまで一緒にやります。

                 短時間なので、障害の事はほとんど気になりません。

                 初めての時はお話するのにも気を使い
                 (何で傷つけるかわかりませんから)
                 役に立っているのか不安でした。

                 しかし今は彼らのためではなく、
                 自分のために行っています。
                 そこは本当に暖かく、慈愛に満ちているのです。

                 自分が病気だという事を受け入れ、
                 (それだけでも辛い事です)
                 薬の副作用と戦いながら
                 前に進むために努力をしています。
                 しかもとてもいたわり合い、私の事まで
                 色々心配してくれます。

                 私なら悲劇のヒロインぶって
                 周りにさんざん気を使わせてしまうでしょう。

                 夕食会に行って、沢山の事を学べる上に
                 沢山の愛をもらい
                 とても幸せな時間を過ごしています。

                 私はたまに・なので、職員さんには
                 大変な事や辛い事もあるでしょう。
                 とても甘い事を言っていると思います。

                 しかし、自分の気持ちが偽善なのではないか、
                 という当初の不安などどうでもいい・と
                 思えるくらい行って良かったです。
                 ずっと続けるつもりです。

                 私と知り合ってくれた人達
                 ありがとう。



                    
                              
[PR]
by himeno-lavie | 2006-03-05 03:10 | 思想

               ☆フィギュア漬け☆


         

         素敵でした~♪

         美しさを競う競技というのはいいですね。
         荒川選手の演技は本当にため息もの。
         他の選手が失敗してしまったのが残念。

         個人的には サーシャ・コーエンの
         お人形っぷりが大好きです。

          
         何でもそうなのでしょうが
         地道な努力を積み上げていって、やがて
         とんでもないトコロまで辿り着く。

         そんな一瞬を目にした時、
         感動を通り越した勇気をもらえます。

         自分の人生など、まだまだ甘ったれだと
         思い知らされます。

         
         などなど
         早朝から一人、涙ぐんでいました。

         そして、寝不足!


    

         



               
[PR]
by himeno-lavie | 2006-02-25 04:28 | 思想