Lu.la.vie ☆姫乃


いつか 同じ場所へ 還ろう
by himeno-lavie
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:歌詞など( 28 )

  「 月を背に 」



月を背に  空を抱き

この胸は  はりさける


希望など  見えなくていい

会いたくて

会いたくて





地を這って すむのなら

この身など たたきつけられよう

天の塵 となれるなら

我が身など 引きちぎられよう




壊れることは出来ず

忘れることも出来ずに


願うことは許されず

祈ることも出来ずに




月を背に 闇を抱き

この想い もがき さまよう

嘆きすら 許されず

会いたくて

会いたくて




月を背に 空を抱き

この胸は はりさける

希望など なくていい

会いたくて

ただ

会いたくて
[PR]
by himeno-lavie | 2008-09-25 01:03 | 歌詞など

  「 青の青 」



しみ込む


透き通る


重さのない  青の青





ほどいて

ゆだねる


時間のない 青の青




うつろう


束ねる


空にとける 青の青




ふくらむ

ただよう


海に沈む  青の青




深く   深く

青に 包まれる



口からはき出す


水の泡    息の玉





罪を思えども


あぁ  あまりに 遠く


やわらかく  冷たい


眩暈を   さぁ






青さを


集めて

私は  ほら


青の 青
[PR]
by himeno-lavie | 2008-09-25 00:59 | 歌詞など

  「 想 」




幾重にも重なる 世界

一滴の想を


広がる 波紋

流れる カノン

生まれ出ずる音

天と地の 狭間




青白く揺らめく 月明かり

あなたは 水面に立つ



想 愛 創    so I saw

想 結 層    so you saw


愛 奏 鳳    I saw hope

音 闇 音    on and on


結 層 深    You saw me

印 座 解    in the sky high




幾重にも重なるこの世界に

一滴の 想 をたらす

そこから生まれし音は

愛を創り 層を結ぶ


愛は天翔る 鳳凰のように

闇を突きぬけ 

深く 深く 世界を結ぶ



全ての答えは

そこに鎮座する
[PR]
by himeno-lavie | 2008-09-06 00:33 | 歌詞など

  「 アイノウタ 」




その大きな手で

私を 包んで

その大きな目で

私を 見つめて



あなたを愛す 私を愛して

その温もりで 私を溶かして



救いを求めて

あなたに すがり

私と言う名の 足かせになる



あなたを想うと 

切なさ 溢れ

その海の中で 溺れてしまう






この小さな手は

あなたを包めず

この小さな目は

あなたを照らせず



あなたの切なさ 見せてはもらえず

己の小ささ 思い知るばかり




無力な私は 

欲しか知らず

あなたの行く手を 

阻んでしまう




愚かな私が

変われぬのなら

いっそこのまま

消えてしまいたい
[PR]
by himeno-lavie | 2007-12-12 01:24 | 歌詞など

 「 パリの灯 」



地面と空が 繋がるところ
星が落ちて 街になる


しぶきを上げたらパリになり
冠つけた王様が笑う


太陽が沈みかけたころ
夜は足早にやって来て

湖に浮かんだ金の天使は
空に向かって 星を吹く


みんなの声がうるさくて
私は今日も眠れない・・・





地面と空が 繋がるところ
私の翼が邪魔をする


波立て星をまき散らし
悪戯に満足した 子供が笑う



夕暮れに乗った 大臣が
街を真っ赤に燃やし尽くす




月がヒゲをたくわえたら
人々はみな 眠りにつく

でも どこからが空かわからなくて
私は今日も眠れない・・・・・
[PR]
by himeno-lavie | 2007-10-13 00:37 | 歌詞など

   「 愛憎スピカ 」



乙女は吐息をもらして 
いかがわしく笑う

少女の眼をしたままで
足をひらく



「 秘密よ 秘密の場所なの
  こっそり覗いてね

 ほら 素敵でしょ?

 誰にも言っちゃダメよ 」



ずぶずぶと 溺れそうだ・・・・・




柔らかく締め上げ

正気なくし サヨナラ




愛しくて狂いそうだ・・・・・





眼に光るは

スピカ
[PR]
by himeno-lavie | 2007-09-28 01:47 | 歌詞など

   「 ひらひら 」



秘密の扉を 開くわたし

そこから 吹き抜ける

風の温度




楽園への 扉の目印

虹の蝶が 舞い降る


ひら ひら




秘密の扉を 開くわたし

そこから 吹き抜ける

風の匂い
[PR]
by himeno-lavie | 2007-07-09 05:53 | 歌詞など

  「 ぼくのメアリィ 」



かわいい かわいい 
ぼくのメアリィ

一人ぼっちで泣かないで

ふぅわり 頭をなでてあげる

ほら 涙をとめてごらん


もう 怖くない
もう 寂しくないよ


君は 青空のカケラなんだよ
見てごらん

君の味方は両手を広げても足りないくらい
たくさん
たくさん




かわいい かわいい
ぼくのメアリィ

一人ぼっちで泣かないで

さあ 手を出して
ぼくはここに
ここにいるよ


眠れない夜は
お話きかせてあげようね

暗い部屋におびえないで
君が眠りにつくまで
そばにいるよ
ずっと そばに


かわいい かわいい
ぼくのメアリィ

一人ぼっちで泣かないで

かわいい かわいい
ぼくのメアリィ

もう 大丈夫
笑ってごらん
[PR]
by himeno-lavie | 2007-07-08 04:40 | 歌詞など

   「 覚醒 」



記憶の片隅に咲く花


閉ざされし意識は

終焉の地へ向かい


かすかな光

彷徨う







放たれた 混沌

うなだれるノスタルジア

破滅の パラノイア



ハレルヤ




脳髄の協奏曲はフィナーレ

奏でる刹那

アルカロイド




翡翠の花


目覚めしたもう
[PR]
by himeno-lavie | 2007-06-02 04:06 | 歌詞など

  「 わたしのそばで泣けばいい 」




愛しき人よ 悲しそな顔

涙ためこみ どこを彷徨う?


愛しき人よ 闇に包まれ

辺り見えずとも わたしはここに


愛しき人よ 美しき人よ

あなたの眼を曇らせるものはなに?





わたしのそばで 

泣きたいだけ 泣いて

涙 枯れるなら  

注いであげる




愛しき人よ あふれる涙は

大地が飲み干し

花を咲かせるわ



わたしのそばで 

泣きたいだけ 泣いて

涙 枯れるなら

注いであげる



わたしのそばで

泣きたいだけ 泣いて

涙 枯れるまで

ここにいるから
[PR]
by himeno-lavie | 2007-03-19 05:24 | 歌詞など