Lu.la.vie ☆姫乃


いつか 同じ場所へ 還ろう
by himeno-lavie
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

                 桜  


         桜の海へ

         身を投げる

         良き思い出は

         天に向かって 手をのばす



         木のざわめきの後に

         舞い散る蝶が

         みんなを 幻のように

         消してゆく




     「そこにいると危ないよ・・・」




         桜の海へ

         身を投げる

         私は

         泡となって消えてゆく



         鳥が飛び去った後に

         舞い散る雪が

         タテもヨコも 溶かしてゆく



         桜の海へ・・


         桜の海へ 身を投げて

         私は

         薄ピンクの

         幻になりたいのです
[PR]
by himeno-lavie | 2006-02-22 05:04 | 歌詞など