Lu.la.vie ☆姫乃


いつか 同じ場所へ 還ろう
by himeno-lavie
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ライヴレポ・・・・・のはず。。。。




えーー
Wheel of doom のライヴでした。


素晴らしい・・なんてもんじゃありませんでした。
腰抜かしました。


**
ここから先はオイラが今更何を言っても
「へぇぇ・・はいはい」
と優しく聞ける人のみ読んでください。







**

今日はいい空気が漂ってるな。
素敵すぎて泣いちゃうかもな♪

なんて ドキドキワクワクで始まりました。

1曲目
うん!扉、開いてる!
てか扉なんてもうないよ!
しっかり向こうと繋がってる。

すごい。宇宙空間にいるみたい。。
楽し~い!



2曲目
楽しいけど・・・ちょっとエネルギーが大きすぎやしないかい・・?

今まではバンドがそれ自体の扉を
開けようと もがいているようだったのが、
もう自分たちはしっかり繋がったので
人の扉を開こうとしてる。
伝えよう というメッセージが機能を果たしてる。


それにしてもでかい。。。
歯が・・カチカチし始めましたけど?
何この震え?



3曲目
このエネルギーのでかさは一体どうなるんだろう・・・。

と!
開いた宇宙空間に地球出現!

私や他の人たちの色んな想いを乗せて
エネルギーは渦をまいて光の塊に。

そして。
竜神さまになった!
なんだと!?


もう楽しいどころじゃないです。
後ずさりです。

叫ぶShinnさん
飛びまくるmitsuさん。

どうしたのこの人たち。
何を超えた?



4曲目 ラスト
竜神様がギュイーンギュイーンと飛びまくる。
すごい事になってる・・・!

でも怒りや嘆きも乗ってる。


大暴れで演奏するメンバー。

スパークするエネルギー。



ひぃぃxx私にはこれは大きすぎます!
受け止め切れません!


もう楽しいんだか怖いんだか
わけがわかりません。

演奏終了後、放心。


どこからともなくアンコールの拍手。。。

聴きたいけど、お腹いっぱいですよぅ。


そしてアンコール。

開き直って楽しもう!と思ったのもつかの間、

Shinnさん、ぐぐぐとかがみ込んで
何か貯めてる!

やーめーてーーー!
これ以上無理だから!



バン!と放たれたエネルギーは
立っていられなくなりました。

一番前で、支えがあってよかった。

カメハメ波?(笑




**
放心・放心・放心。


ご一緒した はねさんに「今日はね・・竜神様がいた。。」
と言ったら大笑いされますた。

だからShinnさんには言わないでおこうと思ったのに、
「姫乃っち 今日は何が見えた?
 手?光の柱?」
と聞かれたので、

「・・・・・・・

 オカシナ人だと思われるから言わない。」


はねさん&Shinnさん
「もう思ってるから大丈夫だよ!今更何言ってんの!?」


ぎゃぼーーーー(泣
ハモるなよ!


でも説明したら嬉しく受け取ってくれて(たぶん)
「それ 何色だった?」

「えと・・・・銀・・」

「白っぽいやつ?」

「たぶん。。。光ってるからよくわからない」

何?色によって違うんだろうか。。


「じゃぁ次回は竜神を超えます!」

あの・・・毎回何か見えるわけじゃないんでね・・・
変なこと期待しないでね・・・。




Shinnさん、今日はあんまり出来が良くないと思った とか
演奏が~とか見せ方が~ とか
なんだかんだ言ってましたが、

そんなの十分すぎるくらいあるだろ!
あんたたちのすごいのは
そのエネルギーなんだから!
伝えることだけ集中すればいいんだよ!

と力説しました☆

はっきり言って演奏なんてどうでもよかった。
音響バランスとか覚えてないし。
(演奏自体聴いていたかどうか・・・)


ヴォーカルも小さめで聴き取りづらかったけど、
それもどうでもよかった。



演奏もパフォーマンスも素晴らしかった前回。
比べればご本人たちが「よくなかったかも」
と思うのはもっともだけれど、


もっとすごかったんだから!
爆発してた。


お別れの時は
ミーハーではなく
心からの感謝を込めてがっちり握手。


ちょっとミーハーに浮かれるのが
恐れ多くなってきました。

表現者 として尊敬します。



***

「こんなの書かない方がいいかなぁ。」


「普通の人が書いたらドン引きだろうけど。
 姫乃さんだから・と思ってもらえるんじゃない?」

はねさん?それはどういう・・?(笑
[PR]
by himeno-lavie | 2008-07-13 03:16 | 愛すべきバンド