Lu.la.vie ☆姫乃


いつか 同じ場所へ 還ろう
by himeno-lavie
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

腹立たしい



私には全く関係のないことだし
それぞれ色んな事情があるんだろうし

関係ないってゆーか 知らない世界だから
一方的に腹を立てるのは
話が違うだろ 

とは わかってる。


知り合いに何人かミュージシャンがいて
詳しくはしらないけれど
何かしらの事務所だったりに所属していて

そちらが作品に口を出す
というのを たまに聞く。


音楽だったり詞だったりジャケットだったり。

もーーーー
何様なの!?
聞くたびに ものすごい腹が立つ。


いや わかってる わかってるよ。
そういうのが嫌なら契約しなきゃいいんだし
契約したからには 大人の事情もあるし。

でも やりきれない。

アドバイスならいいんだよ。
向こうもこちらの世界とかやりたいことを
理解した上でのアドバイスなら。
そしてこちらも納得したなら。

わたしだって色んな人にアドバイスしてもらいながら
そうかーそういうのもアリだね と思いながらやってるし。


でも ダメ出しとかさー。
「わかりやすくして」とかほんとに意味がわからない。

だから 馬鹿みたいなくだらない歌謡曲しかないんだ。
「わかりやすい説明」の歌。



聴く方も聴く方だけど。
どこにでもあるような恋愛ソングで
「わかる~」とか言ってさ。

もっと本を読んで 絵を見て
素晴らしい音楽を聴いて
感性を磨いてくれよ。

そこから作者が何を言いたいのか
とか想像しようよ。



なんて これを読んでいる人には
本当に余計なお世話というか
そんなの当然の話ですが。



私は。
もしかして どこかの何かと契約するとしても
条件は「野放し」だ。
やりたいことを1ミリも譲る気はないし
まして やりたくないことは絶対やらない。
(音楽でね)


甘いんだろうね。
そんな契約してくれるとこなんてないことはわかってる。

ごめんね 子供だから。
でも世界を捻じ曲げるくらいなら
子供のままで結構。

自分を好きでいられるのが
何よりも大事。
[PR]
by himeno-lavie | 2011-07-31 01:33 | 徒然な日常