Lu.la.vie ☆姫乃


いつか 同じ場所へ 還ろう
by himeno-lavie
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

我城


                  鉄壁の守りを誇る 我が城に
                  一人 閉じこもり
                  頑丈な鍵をかけ
                  嵐が過ぎ去るのを待つ

                 
                  誰の姿も見えず
                  誰の声も聞こえず
                  暗闇の中
                  いつともわからぬ嵐の終わりを
                  ただ じっと 待ち続ける


                  攻撃は最大の防御であるし
                  防御は最大の攻撃になり得る

                  篭城という防御が
                  意図せずして牙をむく


                  嵐に立ち向かう勇気はなく
                  嵐を止める呪文を知らず

                  ただ じっと
                  全て
                  見て見ぬふりをするしかないのだ

               
                  そうしている間に
                  城はどんどん小さくなり
                  
                  やがて
       
                  押し潰されるか
                  それとも
                  自身が城となってしまうか

                  ・
                  ・
                  ・
                  ・
                  外は本当に嵐か?





   
    
[PR]
by himeno-lavie | 2006-04-01 04:46 | 思想