Lu.la.vie ☆姫乃


いつか 同じ場所へ 還ろう
by himeno-lavie
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

あれやこれや



前回「そのいち」と書いたのは
すぐ次の日にオペラを観に行ったので
それを そのに として書こうと思っていたからだ。


書く余裕がなくてそのままになってしまった。


オペラは・・・・
いまいちだった。やっぱりお手ごろなものはだめなのかもしれない。

歌はまぁまぁ。
でも途中で寝てしまったので
ぐぅっともっていかれるようなものではなかった ということだ。
どんなに眠い時でも本当に素晴らしいと
それどころではなくなってしまうから。


つーか オケがひどかった・・・・。

一人ひとりの技術もそんな大したことなくて
まとまりがない というのは甘すぎるくらい。

そして会場もクラシック専用ではないので
音の反射がひどい。
とくにオケピットは仮設なので
実音と跳ね返りとでかすかに二重に聴こえたりして。

やっぱり素晴らしいものを聴こうと思ったら
それなりの会場でそれなりのお金を払わないとダメなんだねぇ・・・。




そして自分の最近はというと
音源のデモ の デモ を作っている。
それを聴いて改めて先は長い と思った。
まず歌が下手だよ!ちくしょう。
発声も音程もなってないよ。
それから他の楽器のタイミングやらバランスやら
考えることは山のようにあって
満足する作品なんてきっと一生かかっても出来やしないんだろう。

でも そこは「向上心」という魔法の言葉でカタをつけて
今出来る限りのもので納得するしかないんだ。

「納得いくものが出来ました」というアーティストなんて
じゃぁ それで終わりでいいんじゃない?と思うなぁ。
まぁ本心ではないんだろうけど。





そして人間としての私は
本当に人の縁に恵まれてるなぁと思った ことがいくつか。

こういう風になりたいんだよ と尊敬できる人が
そばにいてくれている。
そして私の嫌な部分を見ても離れないでいてくれる。
(恋愛ではないよ)

「私にのこういうとこ 嫌だと思ったでしょ。
 自分でも治したいんだよ。そしてあなたみたいになりたい
 それにはどうしたらいい?」
という質問に答えてくれる。

・・・・ありがたいよね。




そして そんな風に尊敬できる人が一人や二人ではない。
すごいなぁ。

いや すごくないのか?みんなそんなもん?




だがしかし!
「憧れるというのは その素質をもっている ということ」
という誰だかの言葉を信じて
突き進むしかないのだ。
[PR]
by himeno-lavie | 2010-11-16 01:32 | 徒然な日常