Lu.la.vie ☆姫乃


いつか 同じ場所へ 還ろう
by himeno-lavie
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

MUMU むふふ



あーーーーもぅ大好きだ!!!

すごい すごいよ植村さん!
あなたのドラムはやっぱり最高だ!
愛してるぜーーー!



という超絶技巧ドラマー植村さん率いるバンド
MUMUライヴでごわした。

見てると口が開いちゃうんだなぁ・・・。

なんなの あれ。
素人には何やってるのかわからないよ。
ほんとに一人で叩いてるんですか?っていう音の厚み 細かさ。
そして美しい。音も 姿も。

ロールなんて音の粒がパラパラーって。粒々ーって。
私が知っている中で一番美しいツーバスも。
はぁーーー❤




身体には一切の無駄がないというか、
どこから力が生まれて どうやって手首に伝わって
それが音になってゆくのか 
それが見てわかるドラミング。

見ながら聴きながら
あぁーピアノもこういう風に弾けばいいんだねぇ・・・
など思う。
ピアノもハンマーで叩く打楽器だからね。

楽器の演奏って運動力学だよね。
力点作用点。

感情があれば技術なんて
なんて怠け者のたわ言だ。
精進しよう。





そして技術としてのドラムもすっばらしいし、
曲も素晴らしい。
楽曲としては なんか難しいし拍子とれないし
よくわからないけど
聴いてると単純に楽しいんだ。
おもちゃ箱みたいで。

作曲は植村さんで ご本人は「音楽にメッセージなんてくだらない」
とおっしゃっていて
だから聴く側に伝えたい事なんて何も感じられない。
何を言いたい とか 何かを感じてほしい とか どう聴いて欲しい とか。

もうただただ あなた・・・演奏するの楽しいんだね・・・・
ということだけ。

まさに オレ様。
「オレ様の楽しいと思う音を聴け!」
ってな感じで、
その潔さの気持ちよさよ。

それで下手くそだったら眼も当てられないけど
あれだけの技術を持ちながら
まだまだ研究して上を目指してるんだから!
本当に尊敬します。


あー楽しかったー。



そして場所がMANDA-LA2だったので
久しぶりにスタッフさんにもご挨拶して
覚えててくださったのに感激。
早くまたお世話になりたいもんですな。

店長さんとも色々お話できて
なんだか実りの多い夜。



さて これからの1週間は
大好きな人たちにたくさん会える 夢の1週間。
明日からはちょっこし旅に出ます。
[PR]
by himeno-lavie | 2010-10-26 01:34 | 愛すべきバンド