Lu.la.vie ☆姫乃


いつか 同じ場所へ 還ろう
by himeno-lavie
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ボランティア

                 月に一度、ボランティアに行っています。
                 
                 精神障害の方が、ある程度病気を克服して
                 自立をするための準備期間、グループホームで
                 生活します。
                 そこで夕食会というものを催して、私のような
                 一般人(?)とふれ合うのです。
                 買出しから料理・片付けまで一緒にやります。

                 短時間なので、障害の事はほとんど気になりません。

                 初めての時はお話するのにも気を使い
                 (何で傷つけるかわかりませんから)
                 役に立っているのか不安でした。

                 しかし今は彼らのためではなく、
                 自分のために行っています。
                 そこは本当に暖かく、慈愛に満ちているのです。

                 自分が病気だという事を受け入れ、
                 (それだけでも辛い事です)
                 薬の副作用と戦いながら
                 前に進むために努力をしています。
                 しかもとてもいたわり合い、私の事まで
                 色々心配してくれます。

                 私なら悲劇のヒロインぶって
                 周りにさんざん気を使わせてしまうでしょう。

                 夕食会に行って、沢山の事を学べる上に
                 沢山の愛をもらい
                 とても幸せな時間を過ごしています。

                 私はたまに・なので、職員さんには
                 大変な事や辛い事もあるでしょう。
                 とても甘い事を言っていると思います。

                 しかし、自分の気持ちが偽善なのではないか、
                 という当初の不安などどうでもいい・と
                 思えるくらい行って良かったです。
                 ずっと続けるつもりです。

                 私と知り合ってくれた人達
                 ありがとう。



                    
                              
[PR]
by himeno-lavie | 2006-03-05 03:10 | 思想